好感度が低い状態でしてはいけないLINEでのアプローチ

出会いを求めて、連絡先を教えてもらえると、自分にも好意を持っていてくれているのかも?!と思ってしまいますが、それは思い過ごしの場合が多々あります。
連絡先を交換する理由は、

①あなたに好意がある
②今後あなたを通じての出会いを期待している
③なんとなく流れでというのが大まかな物です。

本当に嫌いな相手であれば、連絡先は教えてもらえないでしょうし、もし交換できたとしても、即ブロックされている事でしょう。メッセージを送り、返信があればそこから恋人になれる可能性はあります。

「好感度が低い状態でしてはいけないLINEでのアプローチ」の続きを読む…

付き合っていない女性にLINEで「会いたい」と伝えるリスク

好きな女性のLINEIDを手に入れると前よりも距離が縮まった気がします。毎日連絡したいし、出来れば会いたいとも思うはず。しかし好意を持っていてアプローチするにしても、付き合っていない女性にLINEを送る時には少し注意する必要があります。

「付き合っていない女性にLINEで「会いたい」と伝えるリスク」の続きを読む…

LINEで未読スルーをして恋の駆け引きをしてみた結果

恋愛がうまくいくにはコツがあります。メール上手な人は人の心をつかむのも上手。それはLINEでも同じことです。わざと未読スルーすることで、恋の駆け引きをすることで、女性の興味を自分に惹きつける効果があるのです。

つまりLINEの駆け引きが上手な人は、恋の勝者となるのです。

「LINEで未読スルーをして恋の駆け引きをしてみた結果」の続きを読む…

モテないLINE④女性にはマメにLINEを送る

世の中には様々な恋愛ノウハウが無料で紹介されていますが、間違ったノウハウも非常に多いです。恋愛雑誌に書かれていることを忠実に守って女性と接したのにモテないという人も少なくありません。

その中でもよく聞くのが「マメに連絡をとれ」というノウハウです。しかしこれは少し勘違いしている人もいるので詳しく紹介します。

「モテないLINE④女性にはマメにLINEを送る」の続きを読む…

モテないLINE③女性の返信は即レスする

気になる女性のLINEのアカウントを教えてもらって、ついに相手とのやりとりを始めることができた。しかし、こまめにやりとりをしているのに、なぜか脈が無いようだ、モテない、という人を多く見かけます。これはなぜなのでしょうか。

「モテないLINE③女性の返信は即レスする」の続きを読む…

モテないLINE②女性の発言をすべて肯定する

肯定しているのに何が不満なんだ!?と叫びたくなる世の男性…きっと多いでしょう。そしておそらく、彼らは”モテない”男性に分類されてしまうのでしょう。

彼らは下手な発言はしていないはずなのです。女性が聞いてもらおうと送ってきたLINEに頷いただけなのです。優しく工程したのです。なのに何故モテない?

「モテないLINE②女性の発言をすべて肯定する」の続きを読む…

モテないLINE①女性を褒めてばかりいる

現代では好きな人にアプローチする手段としてLINEを使うことが非常に増えてきました。LINEはとても簡単にメッセージを送ることができるので、気軽にアプローチをすることができるのが特徴です。ただ、好きな人に振り向いてもらうためにはLINEの内容を工夫する必要があるでしょう。

「モテないLINE①女性を褒めてばかりいる」の続きを読む…

LINEで質問ばかりし続ける男はモテない!?

好きな女性とLINEを始めた頃は「休日はいつも何しているの?」「好きな食べ物は?」など、相手の事を知るための質問文を送る人が多いです。

しかし、ずっと質問ばかりしていると、相手にとっては尋問を受けているように感じられるのであまり好意的には思いません。

いつまでも質問ばかりし続けるのはモテない男性のやってしまうことです。では女性とLINEをするときはどんな点に気をつければいいのでしょうか?

「LINEで質問ばかりし続ける男はモテない!?」の続きを読む…

女性はLINEで自分のトップ画に触れた話題を嫌がる!?

女性のLINEのトップ画を見ると、なんでこんな写真を使っているの?と突っ込みたくなる画像が多いです。しかし、自分のLINEのトップ画に触れた話題を嫌がる方が意外と多いので気をつけなければいけません。

LINEのトップ画に触れられたくない理由

女性は、LINEのトップ画を適当な写真にしている人もいます。たとえば、飼っているペットの写真であったり、植物の写真であったりいろいろです。それには特に意味がない場合があります。

何かを設定しなければ寂しいから、とりあえずこの写真を入れておこう、と思っていれる人もいます。そのため、そんなLINEの写真に深くつっこまれても困るのです。その話題になっても、コメントに困るということもあります。

「女性はLINEで自分のトップ画に触れた話題を嫌がる!?」の続きを読む…

ダラダラとLINEのやり取りを続けると嫌われる!?

好きな人とLINEのやり取りをしていると楽しくてついダラダラと続けてしまいがちですが、相手も同様に楽しんでいるか、気をつける必要があります。

特にまだ連絡を取り合って間もない時は、信頼関係も薄いので内容のないやり取りをすることで好意が下がっていく危険性があるので気を付けましょう。

ダラダラしたLINEよりメリハリをつけたLINEを

もし、相手は合わせてLINEをしてくれているだけだった場合、あまりにもダラダラとやり取りを続けていると嫌われてしまいます。長くやり取りを続けるのが苦手という人もいるので、そうした人にいつまでも他愛もない内容のLINEを送り続けているとうっとうしいと感じられてしまうかもしれません。

それよりも、メリハリをつけてLINEを送った方が相手も楽しんでくれます。もし、LINEを使って好きな人の気を引きたい場合、大切なのはやり取りをした回数ではありません。

LINEの回数よりも内容が大事

少ない回数でもお互いのことをよく知ることができるような内容にすることや相手に楽しいと感じてもらえるようなやり取りをするように心がける方がよっぽど効果的です。

LINEを送る相手が忙しいかもしれないことなどを考慮して気遣いを見せることも大切です。そうした気遣いのできる人は、LINEの内容も相手に合わせて臨機応変に対応することができる場合が多いので好意を持たれやすいでしょう。

 

好意がバレバレなLINEばかり送ると嫌われる!?

あなたは好みの相手のLINEIDを手に入れることができたらどんな内容のメッセージを送っていますか?「○○ちゃんってかわいいよね」「○○ちゃんの彼氏は羨ましいな」なんてついつい好意がバレバレなメッセージを送っていませんか?しかし、これでは嫌われることがあります。

「好意がバレバレなLINEばかり送ると嫌われる!?」の続きを読む…

LINEで絵文字を使いすぎる男は嫌われる!?

メールに比べてLINEは絵文字やスタンプが豊富にあるので使いやすくなりました。しかし絵文字を使いすぎる男性は嫌われる傾向にあります。やはり、男性であればシンプルにLINEを返してほしいと思うものなのです。

なぜ絵文字を使いすぎると嫌われるのか

男性がLINEで絵文字を使いすぎるとなぜ嫌われるのかというと、女性慣れをしていそうだからです。いろいろな女性と頻繁に連絡をとっているから、慣れていると思われてしまうのです。女遊びもすごいしているんだろうな、というイメージを持たれてしまうことも多くあります。

さらに、あまりにもスタンプなどが多いと、女性のようで気持ちが悪いと感じる女性もいるのです。男らしくもっとさばさばしたメールをしてほしいと思うものなのです。

特に、女性のようなスタンプの使い方をしていると、あまりいいイメージを持たれません。どこでこんな使い方を知ったんだろう、と感じてしまいます。やはり女遊びが激しいから知っているのでは、と思ってしまいます。

「LINEで絵文字を使いすぎる男は嫌われる!?」の続きを読む…

女性が男にされて嫌に感じるLINEでのウザい行為

モテない男性は自分では気がつかないうちに女性がウザイと思う行為をLINEでしています。もし女性とLINEのやり取りが続かないのであれば、ウザイと思われる行為をしている可能性があるので冷静に自分のやり取りを分析して改善しましょう。

「女性が男にされて嫌に感じるLINEでのウザい行為」の続きを読む…

出会いを増やしても一通目のLINEで音信不通になってしまう・・・

LINEの一通目から音信不通になってしまうのはなぜ?と悩んでいる男性は多いのではないでしょうか。せっかく出会いを増やしても、そこから発展させることができなければなんの意味もありません。
LINEIDをゲットして、意気揚々とメッセージを送ったのに返事が来ない・・・。その原因は大きく分けて二つ考えられます。

「出会いを増やしても一通目のLINEで音信不通になってしまう・・・」の続きを読む…

片思いの女性にLINEで「何しているの?」と聞いていけない理由

彼氏彼女の関係ならどんな時でも「何しているの?」と聞いても何の問題もありませんが、片思いの段階ではいくら相手が気になるからといっても聞くのはやめましょう。

何しているの?と聞かれると警戒心を抱く

注意していないとつい送ってしまいがちな内容ですが、聞いてはいけない理由として好きでもない相手からそのようなことを聞かれても答えたくないと感じる人が多いからです。

「片思いの女性にLINEで「何しているの?」と聞いていけない理由」の続きを読む…