デートに繋げられない原因はLINEの送り方と連絡頻度にある 

今では、ほとんど抵抗なくLINEの連絡先くらいは交換できるようになっていますが、相手と本当に親密な関係になるためには、交換してからが勝負となります。しかし、実際には、なかなかうまくデートにつなげることができずにいるような方が多いです。

LINEを交換したのにデートに繋がらない原因

LINEの連絡先を交換しても、それはスタートラインに立ったにすぎません。そこからは、何とか会話していきながら、ということになりますが、その先にデートに繋げられない原因としては、友達としての会話にとどまっているからであると考えられます。

普通の会話をしていると、一見関係が深まりそうに感じられますが、それは単に話し相手としての相性が良い、という程度であり、その程度で先に進めるほど、簡単なものではないのです。

デートに繋げるための送り方と頻度

デートに繋げられない原因をしっかりと把握したうえで、まずは、相手に自分の存在を異性として意識させていく必要があるので、まずは、送り方から変えていくことでしょう。メッセージには、必ず一定の頻度で質問を入れていき、会話を継続させていきます。

また、連絡頻度はかなりマメで構いません。簡単に会話できることが強みなので、どんどん会話していけばよいのです。また、基本的には、LINEでは相手をほめることに徹するべきです。責めるような文章を送ってしまうと、誤解されて関係が切れてしまう可能性もあります。

LINEのやり取りで注意したいこと

LINEを使って、デートに繋げるためには、相手をほめるようにして会話を継続させることですが、好感度をアップさせることはできても、好意を挙げることはできません。それは、後のデートで完成させるべきことなので、気にすることはないでしょう。ですから、無駄に絵文字などを使って、変に好意を上げようとすることは禁物です。