LINEブロックと削除の違い!削除されたら復縁は不可能!?

別れた原因やその別れ方によっては「こんな奴!」とその場の勢いで連絡先を消してしまったりして、後から通話履歴やメールの送受信履歴から必死に相手を探した後、再登録しなおしてホッとするなんて経験をした人もいると思います。

LINEユーザーの多くは電話帳とラインを自動で同期するように設定していると思うので、片方を削除してしまってもLINEの方には残っていたりと、完全に相手の連絡先がわからなくなってしまう事も今では少なそうですね。

ブロックと削除の違い

ではもし相手からブロックされていたらどうでしょう。復縁を望んでいても相手にラインを通じてメッセージも通話機能も使用することができません。正確にはメッセージは送ってもブロックした相手には何も表示されないので、既読がつかないのです。

削除という機能もありますが、ブロックをしている上で使用できる機能であり、その違いに大差はないのですが、友達一覧からも見えなくなってしまうという事です。正直ここまで相手からされているのなら別れ方が相当キツかったのか、相当嫌われているか、もしくは相手にはもう新しい恋人ができていてその相手に言われてブロック、削除をされているのが大体の理由でしょう。

どの理由であれ相手に拒まれている状態から復縁を望むのは考えなくても答えの判る事。ブロック、ましては削除までされていたら画面から一切いなくなってしまうので相手が解除しようと思うまに忘れられてしまいそうですね。