LINEを既読スルーする原因:仕事やプライベートが忙しい

好きな人と両思いになって付き合いたいと考えているときに、LINEを活用する人はたくさんいます。面と向かって話しかけるのはハードルが高いという人も、LINEなら気軽に声をかけることができるでしょう。

LINEがメールと異なる点として、既読がつくということがあげられます。既読とはそのメッセージをすでに読んだということを意味するものであり、相手が自分の発信したメッセージを読んだかどうかがわかったり、自分がメッセージを読んだということを相手に伝えることができたりします。

忙しくて既読スルーしてしまう

ただ、好きな人にLINEを送った時、既読がついているのに返信がこないとショックでしょう。この、既読がついているのに返信がこない状態のことを既読スルーと言います。既読スルーをされてしまうと、相手は自分に興味がないのだと感じる人もいるでしょう。

既読スルーが起こる原因はいくつかありますが、単に相手が忙しいということも考えられます。そうした状況の時に何度もLINEを送るとかえって敬遠されてしまうだけでしょう。相手が忙しそうであれば、何度もLINEを送るのではなくしばらく間を空けて今度は休日に返信しやすい内容で送ってみると既読スルーを避けられる可能性が高まります。

好きな人にLINEを送って既読スルーをされてしまった時には返信を迫りがちになってしまいますが、何回もしつこくLINEを送るのではなく相手のことを気遣う余裕を持つようにしましょう。