LINEを既読スルーする原因:じっくり考えたい 

LINEには、メッセージを受け取った相手が正常にそのメッセージを読むことができたかどうかを知らせる機能として、既読通知機能があります。これは、非常に便利なのですが、その一方で、既読がついたのにもかかわらず、それから返信をしない、いわゆる既読スルーが問題となっています。

気になる異性にLINEを送る時は返事をじっくり考えたい

既読スルーは、大抵の場合には、面倒なメッセージが来たり、どうしても時間がなかった時などに発生するものです。ですから、既読スルーをされた場合には、自分のメッセージが相手にとって迷惑になってしまっている可能性を考える必要があるかもしれません。

ただし、最近では、特に女性の場合には、既読スルーの原因は、面倒だからという理由以外の場合もあるようです。返事を送るべき相手が、自分にとって気になる異性である場合には、返事をじっくり考えたいと思う可能性もあります。

もし適当に返事をすると、相手との距離を縮められないかもしれない、と思って、相手の気を引くことができるような返信を考えているうちに、かなりの時間が経過してしまった、という可能性があるのです。

既読スルーされてもじっくり待ってみよう

気の知れた友達であれば、スルーされても確認することは容易でしょうし、それほど関係性が深くないのであれば、それは、まだ嫌われたり迷惑になっていたりするとは限りません。ですから、相手の出方をうかがって、慎重に待っているのが賢明です。間違っても、既読スルーされた後に、追加でメッセージを送るようなことがあってはいけませんね。