LINEの既読スルーによるトラブルを回避したい!

LINEには相手がメッセージを読むことによって既読が付くという既読機能が搭載されており便利でもありますが、人間関係のトラブルへ発展することもあります。

この機能は、既読をつけたら返信しなくてはいけないというプレッシャーがのしかかります。既読になったが返事がない、無視をした、という事を理由に学生間でいじめに発展することもあります。これは子供だけのトラブルではありません。恋人同士であれば、既読スルーが原因で別れに発展することもあります。

既読スルーによるトラブルを回避する方法

もし仕事中に誤って既読してしまった場合、返信する余裕はありませんよね。仕事が終わってからスマートフォンを見ると大量のLINEのメッセージ通知が来ていた、という経験をされた方もいるのではないでしょうか。このような既読スルーによるトラブルを回避するにはどうすればよいのでしょうか。

時間がない時に誤って既読にしてしまった場合、iPhoneであればロック画面のLINE通知をスライドしてしまうと、メッセージ画面が起動して既読になってしまいます。また、画面上部に通知が出た場合もそこに触れると既読になってしまいます。知らなかった方は、このことを覚えておきましょう。

LINEスタンプでトラブル回避

知っていても誤って押してしまう場合があります。その時は、「既読にしたけど後で返します」ということを表すようなスタンプが存在します。このようなトラブルがあるから作られたものでしょう。このスタンプを一つ持っておけば、相手に返信する意思があることを伝えられます。

既読なのに相手から返信が来ないと、嫌われたのかもしれないと不安になります。不安が怒りに変わらないように配慮することが、既読スルーの問題を回避する方法です。