プロフィール写真と本人のギャップが違いすぎるとガッカリされる

LINEで自分の写真をプロフィール写真にのせている人は多くおられます。もちろんプロフィール写真にのせる写真は、写りのいいものを使いたいと思うものです。

プロフィール写真のギャップがありすぎるとガッカリされる

プロフィールには、最高に写りがいい写真を使いたいと思うものですが、あまりにも写りがいいものを使ってしまうと、実際の本人のギャップがありすぎてガッカリとされてしまうものです。実際に会ったときに、本人と写真との違いがひどすぎると、それだけであまりいい印象を持ってもらうことができません。

すでに相手の中には、最高に素敵な人物のイメージがついているので、実際と違うと、実際の人物のほうが違う人のように思われてしまうのです。LINEの写真に、最高の一枚を使いたい気持ちはわかるのですが、あまりにも写りがいいものは避けるべきです。

ラインのプロフィール写真で注意をすること

自分の写真をLINEのプロフィールに使ってしまうと、それだけであまりいい印象を持ってもらうことができない場合もあるので注意が必要です。自分の顔写真をプロフィールに使っている人はあまり好きではない、と最初から思っている人もいるくらいです。

なるべく、プロフィールの写真には、自分のきめすぎている顔写真を使うのはよくありません。また、ふざけている顔写真もあまりいい印象を持ってもらえないものです。きれいな夕日や、自然の風景などをプロフィール写真にのせることをおすすめします。

せっかくいい写真をプロフィールに使っても、実際の本人と違うとガッカリされてしまうので注意が必要です。