好意がバレバレなLINEばかり送ると嫌われる!?

あなたは好みの相手のLINEIDを手に入れることができたらどんな内容のメッセージを送っていますか?「○○ちゃんってかわいいよね」「○○ちゃんの彼氏は羨ましいな」なんてついつい好意がバレバレなメッセージを送っていませんか?しかし、これでは嫌われることがあります。

最初から好意がバレバレだと警戒心を与える

好意がバレバレもし、自分が良く知りもしない相手から好意がバレバレなLINEメッセージを送られて来たら抵抗がありませんか?

自分のことを良く知ってくれている人ならまだしも、自分のことを知らないのに、一気に距離を縮めようとするメッセージが送られて来たら、「誰でもいいのか?」と思われてしまう事もあります。

特に女性はこの傾向が強いです。男性側からご飯に誘ったり、新しいアクションを起こすメッセージを送る場合には、警戒心を与えないか見極めが必要です。

好意を伝えていいタイミングは?

本当に好きな相手との距離を縮めたいのならば、急ぐ必要はありません。ゆっくりと自分のことを知ってもらい、相手のこともしっかりと知ることが必要です。

何気ない会話から趣味や好みを探り、相手のちょっとした情報を覚えていると、覚えていてもらった方は嬉しいものです。そうやって好意を積みかさねつつ徐々に心の距離を詰めていきます。

いきなり好意がバレバレだと引かれるリスクが高まりますが、徐々に距離を詰めて仲良くなっていき、ちょっとしたテストのような踏み込み方をして相手が引かないか確認しつつ、リスクのない踏み込み方で徐々に距離を詰めていく(引かれそうだったら少し戻る)。

そして距離を詰めつつ次第に「この人私のこと好きなのかな?」という段階を経て、相手の心を慣らしていくのが安全に好意を伝える王道のパターンです。(参考:女性のしぐさから好意のサインを読み取る”本当の”方法)。

まずは好意をバラさないようにLINEで仲を深めよう

LINEを見る女性LINEは気軽にやり取りができるので、連絡手段としての役割もありますが、知り合ったばかりの相手と仲を深めたい場合には、LINEを利用してコミュニケーションを取りましょう。

LINEなら文章を打ったりするのが苦手な方でも、その場面に合ったスタンプなどを利用することで楽しく会話を楽しむこともできます。

そうやってある程度LINEのやり取りで好感度を上げていくと、実際に会ったときに良い状態で合うことができるし、もし多少の失敗をしてしまっても「すでに好感度が高い状態」なのでよほどの大失敗をしない限り相手も許してくれるでしょう。

そういう意味でもメールやLINEの内容で「女性の好意のサイン」を読み取れるようになっておくとよいですね。

関連ページ