LINEのベストな文章量とは?長文は読み手を疲れさせてしまう

相手に伝えたいことがあり、ついつい長文になってしまうという人も多いのではないでしょうか。しかし、あまりに長い文章を書き連ねてあるメッセージだと読みにくいし、相手に「重い」ととらわれてしまいがちです。

LINEの文章量が多いと疲れさせてしまう

文が長かったり、何回も段落をつけて長文をつらつらと書いているLINEは、相手に圧迫感を与えてしまいがちなのです。メールで長い文を打ちがちだった、という人は、ついLINEでも長々と書いてしまい、読み手を疲れさせてしまうことがあります。

LINEの文章量を少なくしよう

そこで、できるだけ文を少なくすることを心がけましょう。目安としては、句点の「。」を一回の文章の中に2個程度に抑えるようにすると良いです。短文だと、読み手も疲れることがありません。相手側は、長い文章でLINEが送られてくると、自分も長い文章で返さなければいけない、という義務感を持ってしまいがちとなり、疲れさせてしまうことにつながってしまいます。

文を短くするメリット

長文を打っていないと思っている人も、読み手側からすると十分に長い文章だということもあります。伝えたいことがたくさんあってつい長文になってしまう、という人が多いですが、できるだけ短い文章を作ることを心がけましょう。さらに、短い文章を何度もやりとりすることで、気になる人とより長い間LINEのやりとりをできるというメリットもあります。