LINEを使って彼女をつくる方法

彼女ほしい。そう思うけれど、どうしたらいいのか分からない。そんな時はまずLINEの活用方法から覚えて使ってみましょう。今や誰でも使ってるお手軽連絡ツール・LINE。これを使わない手はありません。

アドレスを聞くのはもう難しいことではありません。やってるよね、教えてよという台詞を言う勇気さえあれば大丈夫。たいていの場合は教えてもらえますし、一発で教えてもらえなければその方を落とすのは至難の業すぎます。彼女をつくることが目的ならば、その方にこだわらなくてもいいでしょう。

LINEを使って彼女をつくる方法

LINEのアドレスを持っている方を彼女にするターゲットにします。方法は至極単純、LINE内の会話で好感度を上げてお出かけにこじつけること。ではどうやったら好感度が上げられるか。目先の目標は「相手から連絡が来るようにすること」とします。

つまりは話しかけたくなるような相手になることです。女性が話しかけたくなる男性ってどんな人でしょう。ズバリ、聞き上手さんですよね。ただ、LINEには文字しかありませんから、微笑んで頷くだけというわけにはいかないのです。親身になって聞いてもらえる、時に優しいツッコミを入れてくれる、面白い返しをしてくれる…男性側が望まれることは一見恐ろしいほどにハイレベルに思われます。

女性は真面目な返事を期待しているわけではない

しかしこれに気を付ければ難しくはありません。単純な返答、これだけです。あたかもこちらが単細胞です、くらいの返答で大丈夫。文字しかないツールで細かい感情の機微など伝わりません。え?どういう意味?と相手が思うような返しは煩わしいと思われがち。女性の会話に深い意味はありません。

一般的にこういう返事をするだろうな、と思う言葉を返して嫌がられることはないです。女性にとっての予想外な返答はむしろ彼女たちのペースを崩すものですから、必要なかったりします。相手の都合のいいように話を聞く。最初の好感度アップにはこのくらいでちょうどいいのです。