好きな人とやり取りするならLINEじゃなくあえてメールを使う

最近では連絡を取る手段としてLINEが一般的です。しかし好きな人とやり取りをするのであればLINEではなく、あえてメールを使うという方法もあります。LINEではなくメールで連絡をするメリットは何なのでしょうか?

LINEは面倒なことが多い

あえて好きな人とLINEではなくメールでやり取りする人にはそれなりの理由があるものです。どういった理由があるのかというと、LINEは相手がメッセージを読んでいるかどうかがすぐにわかってしまいます。

そのため、無駄に不安な気持ちになってしまうことが多いからです。たとえば、週末に遊ぶ誘いをしてその返事が遅かったとします。メッセージは読んでいるのに遅いと、断り方を考えているのではないのか、と不安になってしまうのです。実際は忙しくて返事ができないだけかもしれません。このように、LINEは便利な分面倒なことも多いのです。

LINEは新鮮さがない

さらに、最近はあまりにもLINEが一般的になりすぎているので、あえて好きな人とは新鮮な気持ちで連絡を取り合いたいと思う方が多いのです。さらに、スタンプを一つ使うにしても相手が好きな人の場合は、悩んでしまいます。

いつもは適当に送っているスタンプも好きな人に送るとなれば別です。どういったスタンプを使うべきか、悩んでしまうのです。また、スタンプ一つでも違う意味あいでとられてしまったらどうしようと思うこともあります。そういった悩みも面倒だと感じてしまう場合があるのです。

LINEが読んだらすぐに返信しなければいけないという気持ちがつきまとってしまいます。相手と新鮮な気持ちで連絡をとりたいと思う場合は、メールがいいものなのです。