女性とLINEをする時は仲の良さに適した文章を送ろう

スマホを持っていれば誰でも使っているLINE。交友関係を広げるのに一役も二役も買っているでしょう。女性へのアピール手段としても活用しないわけにはいきません。ただここで注意したいのは、自分の立ち位置を正確に見極めることです。

仲の良さを間違えていると嫌われる可能性がある

あなたはその女性との仲の良さをきちんと把握できているでしょうか。お知り合い程度、お友達、恋人候補。それぞれ適した文章というものがあります。まだLINEを交換して間もないのに馴れ馴れしい言葉を送ってはいけませんし、十分好感度をアップしたのにアピールを怠れば女性は離れてしまいます。

立ち位置の把握、というと一見難しそうです。しかし何のことはなく、お相手からLINEが来るようならば「お友達」認識ですし、来ないならば「お知り合い」の認識。自分の方から話しかけていくら会話が盛り上がっても、お相手から話しかけてもらえない状態では、まだまだお友達への道のりは長いと思ってください。

そういった女性の男性振り分けは大変シビアなのです。上から目線に感じて少し不愉快かもしれませんが、女性の性と考え寛大に受け止めましょう。女性はそういう男性の大きな懐を求めているのです。

控えめな立ち位置認識をしたら、あとはそれに沿った会話を。お知り合い段階ではたまのおしゃべり相手になりきり、アピールはやめましょう。引かれる原因になります。お友達にランクアップしたな、と感じてからがアピールスタートです。追いかければ逃げるもの、男らしく余裕を持った態度で挑みましょう。