LINEで自分が知らない話しをふられた時の合わせ方

LINEの返信で難しいのが、自分が知らない話をふられた時の合わせ方です。
特に、女性特有のファッションやグルメの話題など、男性には興味のない内容が書かれてあった場合などは、スルーするべきか、適当に合わせるのか、頭を悩ませる事でしょう。

知ったかぶりな態度はやめよう

自分が知らない話を適当に合わせていると、話の内容が膨らみ、最後にしったかぶりがばれてしまいます。
知ったかぶりがばれてしまうと、今までの好感触も台無しになってしまうので、注意が必要です。

正直に答えすぎるのも良くない

では、「しらない」と正直に答えるのも、一つの解決方法ですが、それでは、良くも悪くも印象は変わらないでしょう。
そして、面白味のない性格だと、インプットされていまうのではないでしょうか。
それでは、特に興味も持たれることもなく、その他大勢の一人に過ぎません。

知らない話しをされたらスタンプを活用しよう

メールやチャットにはない、LINE特有のサービスといえば、スタンプなのではないでしょうか。
特に女性は、流行りのスタンプが大好きなのです。
そこで、自分の知らない話をふられた時に、最新のスタンプで「知らない」という意味合いや、「教えて」という意味合いのスタンプで、返信してみましょう。

スタンプには、可愛い系、面白い系、と様々な種類があるので、ターゲットの女性が喜びそうなスタンプで返信すると、好印象を与えるでしょう。
LINEを使いこなすには、スタンプの使い方もしっかりとマスターすることをおすすめします。