LINEだけで好意を上げるのは不可能ではない!

LINEだけで好意を上げることは決して不可能なことではありません。きちんと文章を考えて送ることで、好意を持ってもらうことができるものです。

LINEは質問攻めにしないようにする

LINEを見る女性LINEで会話するときは質問ばかりにならないようにすることも大切です。相手のことを知りたいあまり、質問ばかりしてしまう人もいます。これはLINEに限らず実際の会話でもそうですが、質問ばかりをすると尋問のようになってしまい、相手が疲れてしまいます。

質問がいけないわけではありませんが、自分の話もして相手に自分のこともしってもらったりして、会話のバランスをとることが大事です。楽しく会話ができるようになると、相手の好感度も徐々にあがってきます。

LINEを相手に送る場合は、相手の負担にならない程度のペースで送ることが大切になってきます。また、LINEを送ったら最後に「お返事は落ち着いてからでいいですからね。」と一言いれておけば、相手にとっても好印象です。きちんと自分のことを考えてくれているなということが伝わります。

こうやってまずは相手との関係構築を第一に考えましょう。仲良くなってはじめてデートに誘ったり口説いたりという「次のステップ」に進めますが、焦ってこの関係構築の段階を飛ばしてしまうのが多くの人が上手くいかない原因です。ここは焦らずに丁寧にいきましょう。

関係が構築できてきたら素直な感情を伝える

相手が気になっている場合は、「あなたとお友達になりたいと思っています。」というように、ストレートに感情を伝えることが大切です。照れもあってなかなかはっきりと言えないという人が多いですが、はっきりと言うことで相手にも好印象を持ってもらえるものです。素直で素敵な人だと思ってもらえます。

ただし、この場合は知り合ってすぐなどいきなりだと相手に引かれてしまいます。(参考:モテない男性ほどLINEですぐに女性を口説いてしまっている

まずは焦らず相手との関係構築、そしてある程度の関係が構築できたら好意を伝えていくほうにシフトしていきましょう。そのときも好意バレバレすぎるメッセージには注意が必要です笑(参考:好意がバレバレなLINEばかり送ると嫌われる

相手が好きな画像をプレゼントする

相手が好きな動物などを知っているのであれば、相手が好きな画像を送ってあげるのも喜ばれるものです。待ち受け画面などで使ってください、というように相手の好きそうな画像を送るのです。

LINEだけで相手に好意を持ってもらうのは決して不可能なことではありません。努力次第で、好意を持ってもらえるものです。LINE交換したらこういう流れで仲良くなるという自分なりのテンプレートを持っていると強いですね。

2015年3月27日 LINEだけで好意を上げるのは不可能ではない! はコメントを受け付けていません。 トピックス